コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超対称大統一理論 チョウタイショウダイトウイツリロン

1件 の用語解説(超対称大統一理論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうたいしょう‐だいとういつりろん〔テウタイシヨウ‐〕【超対称大統一理論】

素粒子の基本的な相互作用である電磁相互作用弱い相互作用強い相互作用を統一的に記述する大統一理論に、超対称性を導入した理論、仮説。大統一理論で扱われる基本的なエネルギースケールの差が極めて大きく異なるという、ゲージ階層性と呼ばれる問題を自然に説明できると考えられている。また、陽子の寿命がより長く見積もられるため、いまだ陽子崩壊が観測されないという実験結果と矛盾しない。SUSY GUT(supersymmetric grand unified theory)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone