コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超抜 ちょうばつ

2件 の用語解説(超抜の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちょうばつ【超抜】

( 名 ) スル
他より抜きんでていること。 「技量識見とも他に-する」
多くの中から特に選ばれること。抜擢ばつてき。 「速に-せられ、或は挙擢せらるゝこと遅くして/西国立志編 正直

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

超抜

モーターの調子が非常に良いことなどを指す際に使われる表現で、超抜群の略。「今節で一番」という意味の節一(せついち)もよく使われる。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超抜の関連キーワードサーボモーターリニア急調子急テンポ急ピッチ絶好調ハイピッチモーターモーターマガジンエースモーター

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone