超抜(読み)ちょうばつ

大辞林 第三版の解説

ちょうばつ【超抜】

( 名 ) スル
他より抜きんでていること。 「技量識見とも他に-する」
多くの中から特に選ばれること。抜擢ばつてき。 「速に-せられ、或は挙擢せらるゝこと遅くして/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

超抜

モーターの調子が非常に良いことなどを指す際に使われる表現で、超抜群の略。「今節で一番」という意味の節一(せついち)もよく使われる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android