コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超磁歪 ちょうじわい giant magnetostriction

1件 の用語解説(超磁歪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超磁歪
ちょうじわい
giant magnetostriction

磁性体に磁場を与えたときにその寸法が変化する現象を磁歪 (じわい) と呼び,磁歪の大きさが従来材料の 1000~1万倍もあるような新合金の示す現象を超磁歪という。在来の磁歪材料,たとえば,鉄,鉄-ニッケル合金フェライトなどの磁歪の大きさは 10-6~10-5 程度であったが,最近,希土類と遷移金属で構成されたラーベス型金属間化合物は,これよりもはるかに大きな変化量を示すことが見いだされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超磁歪の関連キーワード磁性体永久磁石残留磁化磁気ヒステリシス常磁性反磁場ヴィーデマン効果逆ヴィーデマン効果コットン‐ムートン効果磁気発熱効果