コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超耐熱合金 ちょうたいねつごうきんhigh heat-resistance alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超耐熱合金
ちょうたいねつごうきん
high heat-resistance alloy

700~1100℃の高温度域で用いられる合金の総称。通常は超合金,粒子分散強化合金一方向凝固共晶合金を合わせて超耐熱合金と呼ぶ。コバルト系超耐熱合金,ニッケル系超耐熱合金,分散強化合金,モリブデン系・クロム系・タングステン系合金などがある。これらの合金は,航空機ジェットエンジン,発電用ガスタービン,熱交換器部材などに実用化されている。高温度域での使用効率 (発電効率) の向上のためには,高温度域で長時間安定して使用可能な材料特性を持った超耐熱合金の開発が必要で,現在でも盛んに研究が行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超耐熱合金の関連キーワードプエブロ文化ミダス宝塚市の汚職事件ウェールズ語津野荘哲宗ブルトン語ホホカム文化英語ウェールズ文学

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone