コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超音波流量計 ちょうおんぱりゅうりょうけいultrasonic flowmeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超音波流量計
ちょうおんぱりゅうりょうけい
ultrasonic flowmeter

液体媒質中の音波・超音波速度は,周波数にかかわらず一定温度では一定であるが,流れの中では見かけ上流速だけの遅速を生じる。それで定常の流れならば,一定距離をおいた上下2点で互いに超音波をパルス発信し,受信時間の方向による差をとれば流速が求められる。これを利用したのが超音波流量計で,通常数十 kHzないし数百 kHzの超音波を使う。超音波を用いるのは,流体中の指向性がよいので側面からのエコーによる誤りを少くできるのと,波長の短いほうが分解能がよいからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android