遅速(読み)ちそく

精選版 日本国語大辞典「遅速」の解説

ち‐そく【遅速】

〘名〙 おそいこととはやいこと。また、おそいかはやいかの度合。
※経国集(827)二〇「節気推移、或変其序
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉五「知ると知らざるとは大に其の進歩の遅速に関係あるものなり」 〔礼記‐王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「遅速」の解説

【遅速】ちそく

緩急。〔左伝、僖三十三年〕子(し)、(も)し戰はんと欲せば、則ち吾(われ)き舍(やど)らん。子、濟(わた)りて陳(ぢん)()せよ。遲だ命のままなり。然らずんば、(ゆる)くせよ。師を(つか)らせを費やすとも、亦た無(なか)らん。

字通「遅」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android