コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超高煙突 ちょうこうえんとつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高煙突
ちょうこうえんとつ

一般に 150mをこえる高さの煙突総称通産省公害対策として認めている煙突の高さは 70mで,一般にはこれを高層煙突と呼んでいる。日本で最も高い煙突は,新日本製鐵の君津製鉄所の 220mで,200mのものは東京電力姉ヶ崎,鹿島,横須賀火力発電所にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超高煙突の関連キーワード公害関連産業

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android