コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越中褌 エッチュウフンドシ

デジタル大辞泉の解説

えっちゅう‐ふんどし〔ヱツチユウ‐〕【越中×褌】

《細川越中守忠興が始めたというところから》長さ1メートルほどの小幅の布の一端にひもをつけたふんどし。
《越中ふんどしの前の方が外れやすいところから》あてにしていたことが外れること。
「何も彼(か)も―で、お話にならんです」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えっちゅうふんどし【越中褌】

〔細川越中守忠興の始めたものという〕
長さ1メートルほどの小幅の布にひもをつけたふんどし。越中。 → 六尺褌

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越中褌
えっちゅうふんどし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

越中褌の関連キーワード当て事と畚褌は先から外れる越中ふんどし六尺褌越中

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越中褌の関連情報