コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越中褌 エッチュウフンドシ

3件 の用語解説(越中褌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えっちゅう‐ふんどし〔ヱツチユウ‐〕【越中×褌】

《細川越中守忠興が始めたというところから》長さ1メートルほどの小幅の布の一端にひもをつけたふんどし。
《越中ふんどしの前の方が外れやすいところから》あてにしていたことが外れること。
「何も彼(か)も―で、お話にならんです」〈魯庵社会百面相

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えっちゅうふんどし【越中褌】

〔細川越中守忠興の始めたものという〕
長さ1メートルほどの小幅の布にひもをつけたふんどし。越中。 → 六尺褌

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越中褌
えっちゅうふんどし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越中褌の関連キーワード三斎彫町所籬節四つ竹節遠山流朧染思うところ無したところで…ない見たところ細川マリア

越中褌の関連情報