コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智宣哲 おち せんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智宣哲 おち-せんてつ

1867-1941 明治-昭和時代前期の教育者。
慶応3年9月13日生まれ。越智橘園(きつえん)の長男。父について漢籍をおさめ,大阪で藤沢南岳の泊園書院にまなぶ。明治25年郷里奈良県にもどり,山辺(やまべ)村(天理市)に私塾正気書院を開校,34年奈良市内に移転し夜学部も併設した。昭和16年11月13日死去。75歳。字(あざな)は門郷。号は霞挙,黄華。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

越智宣哲の関連キーワード教育者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android