コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足柄山地 あしがらさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足柄山地
あしがらさんち

神奈川県と静岡県の境にある山地。箱根山の外輪山北端にある金時山 (1212m) から北方に酒匂 (さかわ) 川の谷まで続く。最高峰は金時山で,ほかに矢倉岳 (870m) などがある。坂田公時が生れ育った地との伝説で知られる。中央に足柄峠があり,金時山までハイキングコースがある。古くは峠付近を足柄山と呼んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の足柄山地の言及

【丹沢山地】より

…また,標高800~1000mの稜線には平たん面もみられる。前山は標高400~500mの低山で,南の足柄山地,東部の中津山地,北部の道志(どうし)山地に分けられる。 山地の全域が温帯性の樹種におおわれ,主稜部はブナ,標高700~800m以上はモミ,ツガが多く,以下は杉,ヒノキの人工林となる。…

※「足柄山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足柄山地の関連キーワード神奈川県足柄上郡山北町神奈川(県)山北(町)小山(町)南足柄市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android