コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田公時 さかたのきんとき

3件 の用語解説(坂田公時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂田公時
さかたのきんとき

平安時代後期の武士。源頼光の家来。「金時」とも書く。『今昔物語集』古今著聞集』にみえるが,頼光四天王一人として有名になったのは『平家物語』御伽草子酒呑童子 (しゅてんどうじ) 』,能『大江山『羅生門』などによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田公時 さかたの-きんとき

?-? 平安時代中期の武人。
源頼光(よりみつ)(948-1021)の郎等で「頼光(らいこう)四天王」のひとりとされる。丹波大江山(京都府)の酒呑(しゅてん)童子退治に参加。幼年時代の足柄山の金太郎の話は,江戸時代に山姥(やまうば)伝説とむすびついて生まれ,のち「日本昔噺(むかしばなし)」や童謡などで普及した。通称は主馬佑。名は金時ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂田公時

生年:生没年不詳
平安後期の武士。源頼光の郎等。世には金時として知られる半ば伝説上の人物。相模国足柄山の山姥と赤竜の子と伝え,幼名金太郎。碓井貞光,卜部季武,渡辺綱と合わせて「頼光四天王」と称され,主君頼光と共に大江山に棲む酒呑童子を退治した話は有名。『今昔物語集』には紫野(京都市北区)見物に出かけた際,日ごろ乗りつけない牛車に乗って車酔いをし,さんざんな目にあった話を伝える。鉞姿の金太郎は武勇の象徴とされ,五月人形や童謡で親しまれてきた。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂田公時の関連キーワード卜部季武金時碓井貞光坂田金時碓氷貞光桐生六郎藤原盛景本田次郎源頼兼源頼綱

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone