コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足柄峠 あしがらとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足柄峠
あしがらとうげ

神奈川県南足柄市静岡県小山町の境にある峠。箱根山の外輪山北端にある金時山北方で越える。標高 759m。奈良時代の官道である足柄路が通り,平安時代中期には関所がおかれた。鎌倉時代以後も,南方の箱根峠を越える湯坂路に比べると迂回路であるが,勾配がゆるやかなために利用者が多かった。江戸時代には東海道の脇往還である矢倉沢往還の峠となり,東麓の矢倉沢に小田原藩の設けた関所跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

足柄峠【あしがらとうげ】

箱根外輪山の金時山から北にのび神奈川・静岡県境をなす支脈上にある峠。標高759m。古代の東海道が通じ,802年富士山の噴火で一時ふさがれ,このとき南方に箱根路が開かれた。
→関連項目足柄関箱根峠

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしがらとうげ【足柄峠】

神奈川と静岡の県境,箱根外輪山の一部をなす金時山の北斜面,いわゆる足柄山の山中にある峠。標高759m。江戸時代に箱根峠越えの東海道が設定される以前は,箱根越えの官道であった足柄路が通っていた。802年(延暦21)富士山の爆発による火山灰の降下堆積によって一時閉鎖されたが,翌年には復旧し,やがて足柄関が設けられた。峠には歓喜天をまつる聖天堂,金山神社,足柄関所跡,小田原城を守るために北条氏が築いた箱根十城の一つ足柄城跡がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あしがらとうげ【足柄峠】

金時山の北方、神奈川県と静岡県の境をなす峠。海抜759メートル。箱根山塊を越える古くからの交通路で、新羅三郎義光の故事などが残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔神奈川県(静岡県)〕足柄峠(あしがらとうげ)


神奈川・静岡県境、箱根(はこね)外輪山北端の金時(きんとき)山北方にある峠。標高約750m。古代には足柄道とよばれ、官道(東海道)が通じた要地だが、800~802年(延暦(えんりゃく)19~21)の富士山大噴火で一時、箱根火山のカルデラ内を通る湯坂(ゆさか)道に移され、3年後にまた足柄道に復された。以後、近世初頭まで足柄関所がおかれた重要な交通路。1618年(元和(げんな)4)に箱根関・宿が開かれて以降、脇往還(わきおうかん)の矢倉沢(やぐらさわ)往還が通じた。峠近くに足柄万葉公園がある。南の金時山経由で乙女(おとめ)峠に至る尾根はハイキングコース。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足柄峠
あしがらとうげ

神奈川県南足柄市と静岡県小山(おやま)町との境界にある峠。標高759メートル。南方約5キロメートルに箱根外輪山の最高峰金時(きんとき)山(1212メートル)が望まれる。交通は上り下りとも箱根峠よりも容易。峠はカヤと低木に覆われるだけで見通しがよく、神奈川、静岡両県にわたる展望は雄大。802年(延暦21)富士山の噴火のためふさがれたが翌年復旧。平安時代の末、後三年の役のとき新羅三郎義光(しんらさぶろうよしみつ)が、おりからの中秋の名月の夜に、京から追ってきた家臣豊原時秋に笙(しょう)の奥義(おうぎ)を伝授した物語(現在も峠に新羅三郎笛吹の笛塚がある)をはじめ、『更級(さらしな)日記』の著者菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)ほか、公卿(くぎょう)、武士、文人ら数多くの通行史話が残され、ここに近い山間の寺堂には、平安・鎌倉時代の仏像の秀作もみられる。江戸時代には矢倉沢(やぐらさわ)往還(東海道の脇(わき)往還)の通路となり、甲駿豆遠(こうすんずえん)地方から江戸向けの商人荷物の輸送にも利用された。東麓(とうろく)の矢倉沢に関所跡があり、矢倉沢、関本(南足柄市)と竹之下(小山町)は東西両麓の宿場としてにぎわっていた。明治以後は陸運会社による輸送が行われていたが、東海道本線(現、御殿場(ごてんば)線)の開通で峠の交通量は急減した。いまは東名高速道路の御殿場インターチェンジから車道が開け、さらに金時山、箱根(仙石原)へのハイキングコースも通じ、すばらしい展望が楽しめる。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

足柄峠の関連キーワード静岡県駿東郡小山町竹之下神奈川県南足柄市矢倉沢日本のおもな植物園神奈川県南足柄市南足柄[市]新羅三郎義光源平の合戦小山(町)神奈川県足柄山地交通路乙女峠足柄道弟橘媛要地東国坂東関本故事

足柄峠の関連情報