コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足津緒 アシツオ

デジタル大辞泉の解説

あし‐つ‐お〔‐を〕【足津緒】

琴の弦の端を組み糸で結びかがったもの。
「夏来れば東(あづま)の琴の―に縒(よ)りかけてける藤浪の花」〈新撰六帖・五〉
いろいろな色に染めた麻でよりあわせた縄。牛馬を引いたり、装束を掛けたりする。
「やり縄などいふものも、―なんどにや縒り合はせたる」〈今鏡・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

足津緒の関連キーワード組み糸