距離尺度(読み)きょりしゃくど(英語表記)interval scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

距離尺度
きょりしゃくど
interval scale

間隔尺度ともいわれる。 S.S.スティーブンズによる尺度分類の一種。この尺度では測定値の差ないし間隔によって比較が行われるように単位が定められている (たとえば温度計や知能偏差) 。便宜上の原点は定められていても真の意味の原点はそれと異なるか,あるいは存在しないので,測定値の比は比較のための意味をもたない。 (→比率尺度 , 名義尺度 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

距離尺度の関連情報