コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路盤 ロバン

デジタル大辞泉の解説

ろ‐ばん【路盤】

舗装道路で、舗装表面と路床との間の、砕石や砂を敷き詰めた部分。
鉄道路線で、軌道を支える、盛り土などをして地ならしした地盤。「路盤が沈下する」「路盤がゆるむ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろばん【路盤】

道路の舗装表面と路床との間に設ける砕石・砂利・砂などの地盤。
鉄道の軌道を支える盛り土・切り取りなどによって地ならしした地盤。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

路盤の関連キーワードほ装工事(建設業許可の一種)名古屋市のごみ処理基本計画アスファルトフィニッシャーゴタルド・ベーストンネル長崎ルートと線路の規格プルーフローリングアスファルト舗装コンクリート舗装ロードローラータイヤローラースーパー特急線軌道(鉄道)マカダム工法バラスト軌道ガス化溶融炉溶融スラグスラブ軌道囲碁電王戦チェッカー鉄鋼スラグ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

路盤の関連情報