路盤(読み)ロバン

デジタル大辞泉「路盤」の解説

ろ‐ばん【路盤】

舗装道路で、舗装表面と路床との間の、砕石や砂を敷き詰めた部分。
鉄道路線で、軌道を支える、盛り土などをして地ならしした地盤。「路盤が沈下する」「路盤がゆるむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「路盤」の解説

ろ‐ばん【路盤】

〘名〙
① 鉄道の軌道を支える土台となる地盤。
② 道路を舗装する時、地面を掘り下げ、地ならしや砂利などで整地された地面。路床。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android