コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳ね元結 ハネモトユイ

デジタル大辞泉の解説

はね‐もとゆい〔‐もとゆひ〕【跳ね元結】

結んだとき、端がはね返るようにした元結金紙銀紙などで作り、中に針金が入れてある。江戸中期に流行し、主に若い女性が用いた。はんがけ。はねもとい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はねもとゆい【跳ね元結】

金紙・銀紙の中に針金の芯を入れ、結んだ端が跳ね上がるようにした元結。若い女子が用いた。 「髪は引下げて-を掛け/浮世草子・一代女 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

跳ね元結の関連キーワード浮世草子