コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金紙 キンガミ

デジタル大辞泉の解説

きん‐がみ【金紙】

金粉や金箔(きんぱく)を押したり、金泥などを塗ったりした紙。金色の紙。きんし。こんし。
金色金属を薄くのようにのばしたもの。

きん‐し【金紙】

きんがみ(金紙)1」に同じ。
金札(きんさつ)4」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんがみ【金紙】

金色をした紙。紙に金箔きんぱくを貼ったり、金粉を塗ったりしたもの。
金色をした金属の箔。

きんし【金紙】

金箔きんぱくを押したり、金泥きんでいを塗ったりした紙。金色の紙。
金札きんさつ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金紙の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)現金自動預金支払機貝屏風・貝屛風跳ね元結印画紙投扇興這子楊弓金箔紙銭金泥供物紙雛金粉金口金的采配金札

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金紙の関連情報