コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跳舞 チョウブ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぶ〔テウ‐〕【跳舞】

踊り舞うこと。はねおどること。
「戯台にて女子の―を為すものと雖も」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうぶ【跳舞】

軽快にはねおどること。 「女子の-を為すものと雖も/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の跳舞の言及

【チャム】より

…跳舞ともいう。ラマ教寺院の法会の際に行われる舞踏。…

【ツァガンエブゲン】より

…モンゴル族の間でも福と禄と寿命をつかさどる神とみなされたことに変りがないが,とりわけ家畜の守護神として崇拝された。ラマ教寺院での法会のさいに催される跳舞(チャム,ツァム)では,獰猛な面相の護法神に扮した踊手の演技の後にこのツァガンエブゲンに扮した演者が登場するのが通例で,その軽妙でユーモラスなしぐさが観衆の人気を集め,またその演技中手に持つ杖で触れてもらった人は福と禄と寿命に恵まれると信じられた。ツァガンエブゲン崇拝は内外モンゴル族をはじめ,ブリヤート族やカルムイク族の間にもあり,ラマ教の普及と深い関係があると思われる。…

※「跳舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

跳舞の関連キーワードアーロン クォックモンゴル(民族)ツァガンエブゲンリー チーシアンチャム仮面劇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android