コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯台 ぎだいxì tái

世界大百科事典 第2版の解説

ぎだい【戯台 xì tái】

中国,劇場の舞台のこと。唐代では各種の芸能の演ぜられた戯場は大寺院の境内や周辺に集中したが,宋代になると都市の盛り場に常設され,なかには数千人を入れる大規模なものもあって,勾欄(こうらん)と呼ばれた。方形の舞台を欄干で囲んで観客席と仕切ったことは,1959年山西省で発見された墓室内のミニアチュールで実証された。また元代には地方巡業の一座が廟に戯台を設けたり,空地に小屋掛けしたりして,この様式は現在まで続いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

戯台の関連キーワード道教/道法と道教儀礼コリントゲーム跳舞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android