コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏(み)立てる フミタテル

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐た・てる【踏(み)立てる】

[動タ下一][文]ふみた・つ[タ下二]
地面をしっかりと踏んで立つ。
「四辺(あたり)は―・てられぬほど路がわるかった」〈花袋田舎教師
物を踏んで足に突き刺す。「釘を―・てる」
地面を踏んで音をたて鳥などを追い出す。
「夕狩に鶉雉(とり)―・て」〈・四七八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android