コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蹴込み ケコミ

4件 の用語解説(蹴込みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

け‐こみ【蹴込み】

階段の踏み板と踏み板との間の垂直部分。
蹴込み床(どこ)の床板の下の垂直部分。
歌舞伎大道具で、屋台や階段の前面あるいは側面の垂直な部分の張り物。
人力車の腰掛けの前の部分で、客が足を置く所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

蹴込み

階段の段の立ち上がり部分。階段の昇りやすさや蹴上げ面の保護のために設けられるもの。→蹴上げ

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けこみ【蹴込み】

階段の踏み板と踏み板の間の垂直な部分。
家の上がり口の、地面と垂直な部分。
人力車の腰掛けの前の部分で、乗客が足をのせる部分。 「前掛を器用に跳ね退けて、-から飛び下りた所を見ると/三四郎 漱石
劇場の舞台の縁の下の部分。
歌舞伎の大道具で、家の床・土手など、舞台より高くつくった装置の垂直の部分。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

けこみ【蹴込み】

➀家の上がり口の前面垂直の部分。
➁階段の踏み板と踏み板との間の立ち上がり部分。ここに使用する材を蹴込み板という。
➂階段の踏み板先端から一つ下の踏み板に垂直線をおろしたとき、そこから蹴込み板の下端までにできる奥まった部分。蹴込み板が垂直ではなく、傾斜して付けられているとできる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蹴込みの関連キーワード上がり下り上がり口上がり段上がり端上がり目沓脱ぎ後上がり式台生り口前上り

蹴込みの関連情報