車立(読み)しゃだつ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐たつ【車立】

〘名〙 和船の部材の名称。帆柱を取りはずしたときに、それを受けて支える柱。上部に車またはと呼ぶ(ころ)を設けて、その上に帆柱をのせ、立て倒しの際にも役立てる。さらに綱を巻く車知としても利用する。通常、船首・腰当・船尾の三か所に立て、それぞれ舳車立(おもてしゃたつ)・筒車立・艫車立(ともしゃたつ)というが、大型関船では淦間(あかま)に淦間車立が加えられる。〔和漢船用集(1766)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android