コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍事参議院 ぐんじさんぎいん

大辞林 第三版の解説

ぐんじさんぎいん【軍事参議院】

軍事事項につき天皇の諮詢しじゆんに答えるための機関。元帥・陸海軍大臣・参謀総長・軍令部長および特に親補された陸海軍将官などによって構成された。1903年(明治36)設置。45年(昭和20)廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍事参議院
ぐんじさんぎいん

軍事に関する天皇の諮問機関。日露戦争直前の1903年(明治36)12月28日公布の軍事参議院条例による機関で、1887年(明治20)6月2日に公布された軍事参議官条例による参議官制度にかわって新設された。重要軍務に関し、諮詢(しじゅん)を待って参議会を開き意見を上奏するもので、元帥、陸海軍大臣、参謀総長、海軍軍令部長、とくに親補された陸海軍将官を参議官とし、参議官中の古参者を議長とした。[藤原 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

軍事参議院の関連キーワードマクシム ウェーガン特務機関参謀総長軍令部長統帥権元帥府藤原元帥竜雲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android