軒冕(読み)けんべん

精選版 日本国語大辞典「軒冕」の解説

けん‐べん【軒冕】

〘名〙 (「」は貴人の乗る。「冕」は貴人のかぶる)
① 貴人の車と冠。〔漢書‐揚雄伝・上〕
② 転じて、高位、高官。高位の官職。また、その人。
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「詔曰、軒冕之羣、受代耕之祿」 〔荘子‐胠篋〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「軒冕」の解説

けん‐べん【軒×冕】

代中国で、大夫たいふ以上の人の乗る車と、かぶる冠。
高位高官。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「軒冕」の解説

【軒冕】けんべん

大夫の身分の人。〔荘子、繕性〕古の謂(いはゆる)を得るとは、軒冕の謂(いひ)に非ざるなり。

字通「軒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android