転成語(読み)テンセイゴ

デジタル大辞泉の解説

てんせい‐ご【転成語】

ある品詞が他の品詞に転じた語。名詞つゆ(露)」から生じ、「つゆ知らず」のように用いる副詞の「つゆ」、動詞「すま(争)う」の終止形から生じた名詞の「すもう(相撲)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんせいご【転成語】

ある品詞から他の品詞に転じた語。「光り」(動詞の連用形)→「光」(名詞)、「露」(名詞)→「つゆ(知らず)」(副詞)の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんせい‐ご【転成語】

〘名〙
① 品詞の転成を経た語。本来もっていた文法上の特性を失って、他の品詞としての性質を持つようになった語。たとえば、名詞の「つゆ(露)」が「つゆ知らず」のように副詞となり、動詞「かざる(飾)」が「飾り」の形で名詞となる類。
外来語。自国語となった外国の言語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android