転換制度(読み)てんかんせいど

大辞林 第三版の解説

てんかんせいど【転換制度】

生命保険の変更・増額の際、現在加入している生命保険の積立金や積立配当金を新たな保険契約の一部に充当する制度。同じ生命保険会社でなければ利用できない。下取り制度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

保険基礎用語集の解説

転換制度

保障を見直す際に、現在加入している保険を解約せず、その契約を活かして新しい保険に加入する方法を指します。転換価格を一時払保険料として新しい保険の一部を買い取るので、その分保険料負担が軽くなります。積立部分が解約控除なしに全額転換価格となるので解約返戻金より多くなり、特別配当金(通常配当とは別に一定期間以上継続している契約に対して支払われる配当)の権利も引き継ぐことができるために、実際に解約して新しく保険に入り直すよりは有利です。

転換制度

保障を見直す際に、現在加入している保険を解約せず、その契約を活かして新しい保険に加入する方法を指します。転換価格を一時払保険料として新しい保険の一部を買い取るので、その分保険料負担が軽くなります。積立部分が解約控除なしに全額転換価格となるので解約返戻金より多く、特別配当金(通常配当とは別に一定期間以上継続している契約に対して支払われる配当)の権利も引き継ぐことができるため、実際に解約して新しく保険に入り直すよりは有利になります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転換制度の関連情報