コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転換社債型新株予約権付社債 テンカンシャサイガタシンカブヨヤクケンツキシャサイ

デジタル大辞泉の解説

てんかんしゃさいがた‐しんかぶよやくけんつきしゃさい〔テンクワンシヤサイがた‐〕【転換社債型新株予約権付社債】

新株予約権付社債の一種。平成14年(2002)の商法改正以前には、転換社債といった。CB(convertible bond)。MSCB(moving strike convertible bond)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

株式公開用語辞典の解説

転換社債型新株予約権付社債

社債に新株予約権が付された形態で発行される債券。新株予約権の分離譲渡はできない。平成13年臨時国会で商法改正が成立し、新株予約権制度が創設されたことに伴い設けられた。これにより商法上、社債は、普通社債と新株予約権付社債となった。新株予約権とは、株式を一定の条件で取得するための権利のことで、新株予約権の行使があると、社債部分の金額が、そのために払い込まれたとみなされる。新株予約権の行使によって発行される株式数や、新株予約権を行使できる期間などは、あらかじめ決められている。平成14年4月1日以前は「転換社債」と呼ばれていたが、平成14年4月1日以降に発行されたものは同様の商品性を持つものとして「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになった。これらを総称として「CB」と呼ぶ。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

転換社債型新株予約権付社債の関連キーワードエクイティファイナンス新株引受権付社債潜在株式外債

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android