コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転換社債型新株予約権付社債 テンカンシャサイガタシンカブヨヤクケンツキシャサイ

2件 の用語解説(転換社債型新株予約権付社債の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんかんしゃさいがた‐しんかぶよやくけんつきしゃさい〔テンクワンシヤサイがた‐〕【転換社債型新株予約権付社債】

新株予約権付社債の一種。平成14年(2002)の商法改正以前には、転換社債といった。CB(convertible bond)。MSCB(moving strike convertible bond)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

転換社債型新株予約権付社債

社債に新株予約権が付された形態で発行される債券。新株予約権の分離譲渡はできない。平成13年臨時国会で商法改正が成立し、新株予約権制度が創設されたことに伴い設けられた。これにより商法上、社債は、普通社債新株予約権付社債となった。新株予約権とは、株式を一定の条件で取得するための権利のことで、新株予約権の行使があると、社債部分の金額が、そのために払い込まれたとみなされる。新株予約権の行使によって発行される株式数や、新株予約権を行使できる期間などは、あらかじめ決められている。平成14年4月1日以前は「転換社債」と呼ばれていたが、平成14年4月1日以降に発行されたものは同様の商品性を持つものとして「転換社債型新株予約権付社債」と呼ぶようになった。これらを総称として「CB」と呼ぶ。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転換社債型新株予約権付社債の関連キーワード新株予約権ポイズンピル新株予約権付社債エクイティーファイナンスCB外貨建社債株式等振替制度株式買取権付社債新株予約権証券信託型ライツプラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転換社債型新株予約権付社債の関連情報