コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽皇子/軽王 カルノミコ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽皇子
かるのおうじ

孝徳天皇」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽皇子
かるのおうじ

(1)孝徳(こうとく)天皇(597―654)の名。即位前の643年(皇極天皇2)、蘇我鞍作(そがのくらつくり)(入鹿(いるか))らとともに、山背大兄王(やましろのおおえのおう)とその一族を滅ぼした。阿倍小足媛(あべのおたらしひめ)を妃とし、中臣鎌子(なかとみのかまこ)(藤原鎌足(かまたり))とも親交があった。
(2)文武(もんむ)天皇(683―707)の名。珂瑠皇子とも記した。[門脇二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の軽皇子/軽王の言及

【孝徳天皇】より

…在位645‐654年。名は軽皇子。皇極女帝の同母弟で,父は舒明天皇の弟の茅渟(ちぬ)王,母は欽明天皇の孫の吉備姫王。…

【文武天皇】より

…689年(持統3)7歳のとき皇太子であった父と死別。祖母の持統天皇の保護のもとで成長し,持統は697年2月,反対者を抑えて軽皇子を皇太子とし,同年8月に譲位,702年(大宝2)に没するまで文武の政治を助ける。文武は即位のとき15歳,藤原不比等の娘宮子を夫人(ぶにん),紀竈門娘(かまどのいらつめ),石川刀子娘を嬪(ひん)とし,宮子は首皇子(聖武天皇)を生む。…

※「軽皇子/軽王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軽皇子/軽王の関連キーワード蘇我倉山田石川麻呂古人大兄皇子軽大娘皇女忍坂大中姫美山[町]貴種流離譚藤原不比等柿本人麻呂阿倍小足媛持統天皇斉明天皇中臣鎌足元明天皇弓削皇子藤原鎌足撰善言司葛野王軽太子