軽油識別剤(読み)けいゆしきべつざい(英語表記)diesel fuel marker

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽油識別剤
けいゆしきべつざい
diesel fuel marker

軽油と,軽油と性状が近い灯油およびA重油の混合をチェックするために添加される識別剤をいう。日本では,軽油には軽油引取税が課されるため,近年これを脱税するため,自動車用燃料として軽油に代わり灯油やA重油を使用したり,また軽油に灯油やA重油を混合して使用するケースが横行している。以上のようなケースを路上で容易にチェックし,脱税を防止するため,1991年1月より,灯油およびA重油に識別剤としてクマリンが 1PPM添加されている。同様の主旨による識別剤の添加は,イギリス,フランスおよびドイツなど諸外国でも実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android