コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽油引取税 けいゆひきとりぜい

7件 の用語解説(軽油引取税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽油引取税
けいゆひきとりぜい

道府県税の目的税の一つ。自動車燃料用の軽油に対して 1klあたり1万 5000円の税率で課税され,その税収は都道府県および指定市の道路整備財源にあてられる (地方税法4,700~700条の7) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軽油引取税

軽油を買うとき、都道府県に納める地方税。1リットルあたり32円10銭。以前は道路整備の目的税で、公道を使わない船や農業用機械などに使う場合は免税だった。2009年度の税制改正で使途を特定しない普通税になり、免税措置は3年継続した後の来年3月末で廃止される。

(2011-09-10 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいゆひきとり‐ぜい【軽油引取税】

主にディーゼルエンジン車の燃料となる軽油に課せられる地方税揮発油税によるガソリン車への税負担との均衡を図るため、昭和31年(1956)に創設された。税収は道路特定財源として都道府県及び指定市の道路に関する費用にあてられていたが、法改正により平成21年度(2009)から一般財源化された。→道路整備事業財政特別措置法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軽油引取税【けいゆひきとりぜい】

軽油の特約業者,元売業者からの軽油の引取りに対し課す税。これら業者の営業所所在の都道府県が道路費用に充て,または道路法に基づく指定市に道路(国道)費用財源を交付するため,その引取者等に課す目的税としての道府県税

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいゆひきとりぜい【軽油引取税】

都道府県および指定都市の道路に関する費用に充てるため,都道府県が特約業者または元売業者から軽油を引き取る者に対して課する目的税。1956年に創設された。課税標準は,特約業者または元売業者から引き取った軽油の数量である。ただし,船舶,電源,鉄道用車両,農業用機械などに用いられる軽油は,目的税の性格にかんがみ非課税とされている(これを用途免税という)。税率は1klにつき1万5000円と定額で決められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいゆひきとりぜい【軽油引取税】

揮発油(ガソリン)ではなく軽油について、元売り業者から引き取りを行う業者に課せられる税。道府県の道路目的税。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽油引取税
けいゆひきとりぜい

都道府県および政令指定都市の道路に関する費用にあてるため、都道府県が課する目的税。1954年度(昭和29)から揮発油税が道路財源にあてるための税とされたことに伴い、揮発油を使用する自動車との間の税負担の均衡を図るため、56年度に都道府県税として創設された。課税客体は元売業者または特約業者からの軽油の引き取りであり、課税標準は引き取った軽油の容量である。納税義務者はその引き取りを行う者であるが、実質的な税負担は最終的には消費者に転嫁されることを予定している。
 また政令指定都市の市長はその区域内の国道および道府県道を管理するものとされているので、政令指定都市の所在する道府県は、その収入額の9割に、道府県内の一般国道および道府県道の面積に対する政令指定都市内の一般国道および道府県道の面積の比率を乗じて得た額を政令指定都市に交付することになっている。これを軽油引取税交付金という。[大川 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽油引取税の関連キーワード地方譲与税道路法地婦連地方道路税都道府県知事都道府県道二重行政主要地方道都道府県知事免許石油ガス譲与税

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軽油引取税の関連情報