コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪栽式 リンサイシキ

大辞林 第三版の解説

りんさいしき【輪栽式】

穀類とそれ以外の作物を交代に栽培する農法。近世、イギリスのノーフォーク地方で発達。地力の維持・増進をはかるためにクローバーなどの飼料作物を間にはさむノーフォーク式輪栽が知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

輪栽式の関連キーワードフランドル農法穀草式農業チューネン自由式農業輪栽式農業有畜農業混合農業耕種方式近郊農業ヤング作付けテーア穀物畜産酪農

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android