輪田 一造(読み)ワダ イチゾウ

20世紀日本人名事典の解説

輪田 一造
ワダ イチゾウ

昭和期の社会運動家



生年
明治43(1910)年1月23日

没年
昭和57(1982)年3月11日

出生地
石川県鳳至郡諸岡村(現・門前町)

学歴〔年〕
石川師範卒

経歴
在学中から社研で活躍し、昭和4年小学校教員をしながら農民運動に入る。5年退職し、全協に参加し、6年共産党に入党するが、同年検挙され懲役2年に処せられた。名古屋で地下活動を行い、13年に検挙され、出獄後は徴用された。戦後は共産党石川地方委員会を結成し、委員長に就任。統制委員になったが占領軍による追放ののち、石川県副委員長などを務めた。45年除名された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android