全協(読み)ぜんきょう

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんきょう【全協】

日本労働組合全国協議会の略称。評議会(日本労働組合評議会)解散後,左翼組合が再結集して1928年12月23日全国代表者会議を開き,全協準備会を結成し事実上発足した。予定した創立大会は四・一六事件のため開けなかった。公称組合員1万2000人,委員長奥村甚之助(後に前納善四郎ら)。日本最初のプロフィンテルン加盟組合で,日本共産党の指導下にあった。全協は合法組合の内部に〈革命的反対派〉を組織し,機関紙《労働新聞》をはじめ各産別ごとの機関紙などを通じ,他の組合にも一定の影響を及ぼしたが,あいつぐ検挙で安定した指導部をもちえず,30年の川崎武装メーデー事件(川崎メーデー事件ともいう)や32年の天皇制打倒綱領採択に示されるように極左的方針をとったこともあって,しばしば内部対立を生じ,組織は混乱した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんきょう【全協】

日本労働組合全国協議会の略称。1928年(昭和3)日本共産党の指導の下に結成され、プロフィンテルン日本支部として激しい弾圧下で活動した左翼労働組合。34年以後自然消滅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の全協の言及

【武装メーデー】より

…1930年,大恐慌下で鐘紡争議や東京市電争議などの激化をみた佐野博や田中清玄らの日本共産党幹部は,革命情勢が客観的にも主観的にも成熟したと判断して日本労働組合全国協議会(全協)にメーデーを武装して闘うよう指示した。神奈川県川崎では,全協組合員約20人が日本石油とライジングサンの製油所を破壊し鶴見警察署を襲撃する目的でピストル,竹やりなどで武装してメーデー会場に乗り込んだが,警官隊に制圧され,東京でも武装した全協組合員がメーデー行進を国会議事堂に誘導して襲撃する計画であったが厳戒のため果たさなかった。…

※「全協」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全協の関連情報