奥旨(読み)オウシ

デジタル大辞泉の解説

おう‐し〔アウ‐〕【奥旨】

宗教・学芸などの、奥深い意味。奥義(おうぎ)。
「輪説を好み珍しき所を求むるは、至極の―に至らざる時の事なり」〈連理秘抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐し アウ‥【奥旨】

〘名〙 学問、宗教、技芸などの奥深い趣。おくぎ。極意。
※中右記‐承徳二年(1098)一〇月一五日「僧二人出来、互以論義、初聞論法相之奥旨、誠難随喜之感涙
※私聚百因縁集(1257)四「又顕密の奥旨(アフシ)を尋るに」 〔柳宗元‐柳常侍行状〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android