コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残楽 のこりがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残楽
のこりがく

雅楽のなかでの管弦で行われる変奏の一種。合奏楽器のなかで普段目立たない存在であるの特別の技巧を聞かせるために,打楽器 (しょう) と笛は曲の途中で次第に演奏をやめ,さらに曲を反復し,その間に篳篥 (ひちりき) と琵琶もなるべく旋律断片を奏することによって,箏の細かい弾奏を引立てる演奏法。この方法は御遊 (ぎょゆう) において発展した演奏形式であって,元来多分に即興的要素を含んでいたが,今日ではだいたい固定され,楽曲を3回反復する「残楽三返 (さんべん) 」が一般的に行われる。すなわち,第1回目は普通の管弦のやり方で全員が奏し,2回目は打楽器,笙,笛の順に演奏をやめ,3回目は琵琶と箏の弾奏に篳篥の音頭がきれぎれに旋律の断片を吹く。『越天楽 (えてんらく) 』『胡飲酒 (こんじゅ) 』『陪臚 (ばいろ) 』の曲で行われる。四天王寺では「ざんがく」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の残楽の言及

【管絃】より

…(3)催馬楽(さいばら)および朗詠 管絃のなかの楽器で伴奏される歌曲。(4)残楽(のこりがく) 管絃曲の正規の合奏に引きつづいて,演奏メンバーを減らして(各管の音頭および弦楽器),同じ曲を反復演奏し,この間,各パートがお互いに派手な演奏技巧を披瀝しつつしだいに演奏をやめていく。これは箏奏者の技量を披露するための演出といわれ,コンチェルトのような立場で管絃の演奏会のプログラムにしばしば組み込まれている。…

※「残楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

残楽の関連キーワード乱(箏曲)スガガキ輪説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android