コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入自由化 ゆにゅうじゆうか import liberalization

1件 の用語解説(輸入自由化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入自由化
ゆにゅうじゆうか
import liberalization

輸入割当国による直接的な輸入統制手段をやめ,関税上の措置など間接的な手段に移行させること。日本は当初必ずしも積極的ではなかったが,西欧諸国が 1958年末,通貨のドル交換性を回復し,対米差別輸入制限を大幅に撤廃したことを契機に,輸入自由化を促進させることとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸入自由化の関連キーワードIQ制輸入貿易管理令直接的直輸入輸入税輸入割当制輸入港輸入割当制度IQ制度関税割当て(制度)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輸入自由化の関連情報