辛辛(読み)カラガラ

デジタル大辞泉の解説

から‐がら【辛辛】

[副]《形容詞「からし」の語幹「から」を重ねた語》やっとの思いで。かろうじて。「雷にあって、命辛辛山小屋に着いた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からがら【辛辛】

( 副 )
〔形容詞「辛し」の語幹を重ねた語〕
生命だけはとりとめて危険から逃れるさま。かろうじて。やっとの思いで。 「命-逃げ帰る」 「 -命ヲ助カッタ/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐がら【辛辛】

〘副〙 (形容詞「からい」の語幹を重ねたもの)
① 困難なことを成しとげた時、そこにほとんど余裕がなかったさまにいう。やっとの思いで。どうにかこうにか。
※曾我物語(南北朝頃)四「箱王はただ母の文ばかりにからがら装束添へて送りける」
② 身にふりかかった生命の危険を逃れてから、ふり返った時そこにほとんど余裕がなかったさまにいう。かろうじて。「いのちからがら」
史記抄(1477)五「燕王からからの寿たすかりて東の方へのがれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛辛の関連情報