コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辞書引き学習 ジショビキガクシュウ

デジタル大辞泉の解説

じしょびき‐がくしゅう〔‐ガクシフ〕【辞書引き学習】

辞書で引いた言葉を付箋(ふせん)に書いて、該当ページに貼っていく学習法。教育学者の深谷圭助が愛知県の公立小学校教諭時代に発案し授業で実践した。辞書を引いただけ付箋の数が増えるので成果が実感でき、子供はゲーム感覚で辞書を引く習慣を身につけることができることから、全国的な広まりを見せている。語彙の数を増すだけでなく、子供が自発的に学習する意欲を引き出す効果も期待されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

辞書引き学習の関連キーワード辞書引きふせんぐんぐんボーイみっけんけんしらべ~るハリハリ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辞書引き学習の関連情報