コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地バンク のうちばんく

3件 の用語解説(農地バンクの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

農地バンク

農業への新規参入農地の大規模化を促進するため、農林水産省が2014年度の設立を目指している農地中間管理機構の通称。離農者の農地や耕作放棄地などの利用権を取得し、農地の整備を行った上で、大規模農家や企業に貸し出す仲介機関としての役割を担う。これまで、活用されていない農地の売却や貸出の仲介業務は、都道府県が出資・運営する農地保有合理化法人や、市町村を中心とした農地利用集積円滑化団体が担ってきた。しかし、両組織には財政基盤や機能の面で限界があったことから、農水省が農地保有合理化法人を農地中間管理機構に改め、財政基盤の強化や権限の拡張を実施するとしている。

(2013-9-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうち‐バンク【農地バンク】

農地中間管理機構」の通称。→農地バンク制度

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農地バンク
のうちばんく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農地バンクの関連キーワード酸化促進剤新規参入の脅威新規参入者(農業)新規参入の就農者農業経営の大規模化タクシーの再規制建設業者の農業参入改正農地法農地の大規模化新規参入

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農地バンクの関連情報