コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農村文化 のうそんぶんかculture in rural society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農村文化
のうそんぶんか
culture in rural society

農村社会に特有な,あるいは多くみられる行動様式生活様式を総称していうが,特にそれを土台にして生み出されてきた伝統芸能や文学や芸術をさすこともある。農村社会の古い習俗の残滓,伝統的な行動規範という保守的,伝統主義的な生活態度が指摘される。しかし近年農民層が兼業化し,賃労働者化が進み,マスコミの発達,農村生活水準の向上などを含む広義の都市化が進むと,農村特有の文化ないし文明は非常に薄れ,全国的に画一化される傾向にある。しかし反面で伝統文化の見直し,「ふるさと運動」なども進められるようになってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

農村文化の関連キーワードロバート・J. ブレイドウッド世界農業遺産(GIAHS)秋田県横手市平鹿町浅舞農業の多面的機能タカクラ・テルヤギ(哺乳綱)乙部 泉三郎世界農業遺産石川 武男ウバイド期鬼丸 勝之大井上 康乙部泉三郎須藤 克三日本農民党八原昌元山崎延吉タゴール緑の革命藤巻幸造

農村文化の関連情報