コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業手形 のうぎょうてがた

1件 の用語解説(農業手形の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

農業手形【のうぎょうてがた】

農家の経営資金調達のため,供米代金等を償還財源として農業協同組合が振り出す約束手形。1948年創設され,日本銀行の適格担保として融資を受けられた。1959年以降は日銀融資は打ち切られ,農協系統金融機関内だけの特別営農資金制度に移行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の農業手形の言及

【商業手形】より

…商取引が介在しないにもかかわらず金融だけの目的で振り出された融通手形と区別され,実手形,真正手形ともいわれる。これとは別に商人の振り出した手形を指す場合もあり,製造業者が振り出す工業手形,農民が振り出す農業手形と対比される。商業手形の典型は,商人が仕入商品代金決済のために振り出した手形であるが,商人はその商品を売却して代金を回収する可能性が高く,したがってその手形の決済も確実であるといわれる。…

※「農業手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone