農業機械銀行(読み)のうぎょうきかいぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業機械銀行
のうぎょうきかいぎんこう

ドイツのマシーネン・リンクをモデルに,農作業を請負ったり,農家の過剰投資で遊休となっている機械を集めて効率的な利用をはかることを目的として設立されたサービス機関。 1974年から全国各地で発足。遊休農業機械の預託,運用,農作業従事希望者の登録など農業経営全般にわたって農家の代行をするもので,市町村,郡単位で設置,その組織はマネジャーと農作業代行のオペレータから構成され,受託した農作業はオペレータが銀行所有の機械を中心に行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android