コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻が花染 つじがはなぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻が花染
つじがはなぞめ

絞染の一種。単に辻が花ともいう。絹地文様の輪郭を縫絞り,防染して地を染めたもの。染め上がり後,金銀の摺箔 (すりはく) ,黒や朱の描き線,隈取り,刺繍などを加える。武士の権威の象徴として着用されたといわれ,室町安土桃山時代に流行した。江戸時代には衰微してみられなくなったが,近年,染色久保田一竹の手により「一竹辻が花」として復活した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

辻が花染の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区大師本町京鹿の子絞辻が花染め矢羽根文絞り染め松皮菱和服纐纈絵羽絞染紅型

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android