コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻が花染 つじがはなぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辻が花染
つじがはなぞめ

絞染の一種。単に辻が花ともいう。絹地文様の輪郭を縫絞り,防染して地を染めたもの。染め上がり後,金銀の摺箔 (すりはく) ,黒や朱の描き線,隈取り,刺繍などを加える。武士の権威の象徴として着用されたといわれ,室町安土桃山時代に流行した。江戸時代には衰微してみられなくなったが,近年,染色久保田一竹の手により「一竹辻が花」として復活した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

辻が花染の関連キーワード神奈川県川崎市川崎区大師本町辻が花染め京鹿の子絞絞り染め矢羽根文松皮菱絞染和服紅型絵羽纐纈

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android