辻充昌(読み)つじ みつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻充昌 つじ-みつまさ

1721-1777* 江戸時代中期の装剣金工。
享保(きょうほう)6年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。国友鉄砲鍛冶(かじ)辻又左衛門の弟。江戸で2代横谷宗与に彫金をまなび,奈良派の彫法も修得して帰郷。高肉彫りに象眼,色絵をもちい,片切彫り,杢目鍛などにすぐれた。安永5年12月19日死去。56歳。通称は源右衛門,丹治。号は臨川堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android