コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻充昌 つじ みつまさ

1件 の用語解説(辻充昌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻充昌 つじ-みつまさ

1721-1777* 江戸時代中期の装剣金工。
享保(きょうほう)6年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。国友鉄砲鍛冶(かじ)辻又左衛門の弟。江戸で2代横谷宗与に彫金をまなび,奈良派の彫法も修得して帰郷。高肉彫りに象眼,色絵をもちい,片切彫り,杢目鍛などにすぐれた。安永5年12月19日死去。56歳。通称は源右衛門,丹治。号は臨川堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

辻充昌の関連キーワード常直岩井重次兼定(2)後藤延乗志水甚五(3代)利国利貞秦友房平田安房柳川政次