コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国友鉄砲鍛冶 くにともてっぽうかじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国友鉄砲鍛冶
くにともてっぽうかじ

近江国坂田郡国友村 (現滋賀県長浜市内) の鉄砲鍛冶豊臣秀吉徳川家康は,新兵器としての鉄砲の価値を認めてその製造に力を入れ,これを保護し,元和3 (1617) 年,家康は幕府の御用職として直接掌握した。江戸時代後期の科学者国友藤兵衛はこの出身である。彼は風砲 (空気銃) をはじめ,水揚げ空船の製作,さらに天体望遠鏡の発明や太陽黒点の観測などを行なった。著書に『大小御鉄砲製作之法』『気砲記』『天体観測関係文書』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

国友鉄砲鍛冶【くにともてっぽうかじ】

近江(おうみ)国坂田郡国友村(長浜市)の鉄砲製造鍛冶。1543年の鉄砲伝来後,その製造技術が国友村にも伝えられ,戦国末,織田信長ら諸大名の需要に応じて,堺とともに鉄砲製造で繁栄。
→関連項目種子島銃

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

国友鉄砲鍛冶の関連キーワード亀山鐔辻格亮辻充昌辻常成

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国友鉄砲鍛冶の関連情報