コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻蘭室 つじ らんしつ

2件 の用語解説(辻蘭室の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻蘭室 つじ-らんしつ

1756-1836* 江戸時代後期の蘭学者。
宝暦6年11月26日生まれ。公家久我(こが)家の家臣。大槻(おおつき)玄沢に書簡で教えをうける。京都における蘭語研究の先駆者のひとりで諸外国語,製薬,天文,地理にも通じていた。天保(てんぽう)6年12月13日死去。80歳。京都出身。本姓は村田。名は章従(のりのぶ)。字(あざな)は為槻。別号に孜軒。著作に「蘭語八箋」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

辻蘭室

没年:天保6.12.13(1836.1.30)
生年:宝暦6.11.26(1756.12.17)
江戸後期の蘭学者。公家・久我家の臣。諱は章従,号は蘭室,孜軒。医師村田玄隆の次男。京都生まれ。15歳で久我家の医師辻章業の養子となる。寛政4(1792)年大槻玄沢に書簡を通じ教えを受けて蘭語研究,翌年主君久我信通の死により譴責を受ける。部門別(天文,人品など)の蘭日辞典『蘭語八箋』を起稿(40冊,未刊),蘭学者間にも名を知られた。儒学は宋学から堀河派に転じ,語学はオランダ語,マレー語,ギリシャ語,ロシア語,朝鮮語から梵語におよび,その他天文,蘭文法,医学博物からトンネルまで広く浅く研究,製薬研究はやや深い(京大蔵『蘭室伝記史料』1~9による)。文化13(1816)年出羽守,天保1(1830)年正4位下。人物は柔和に見受けられ,蘭語研究では京都の先駆者であり,諸学におよぶ研究が当時の学風の一端を示すと思われる。<参考文献>山本四郎「辻蘭室伝研究」(有坂隆道編『日本洋学史の研究』1)

(山本四郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

辻蘭室の関連キーワード竹田出雲(2代)ブラックゴドウィン岸駒辻蘭室玉田永教バーゴドウィン郡内騒動天保の飢饉

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辻蘭室の関連情報