コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻行灯 ツジアンドン

1件 の用語解説(辻行灯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つじ‐あんどん【×辻行灯】

江戸時代、辻番所の前に備えてあった台付きの行灯(あんどん)。つじあんどう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の辻行灯の言及

【行灯】より

… 行灯が大いに普及,発達したのは江戸時代である。まず在来の手さげ行灯のほかに,置行灯,掛行灯,釣行灯,辻行灯など多くの種類を生んだ。手さげ行灯は一般に小型の立方体あるいは円筒体で,手さげ装置をつけた行灯である。…

【辻】より

…なお,床屋は町用人として町内の雑用を果たした。辻斬が横行した江戸では,辻行灯,辻番所が設置され,辻番人(町方では自身番)が警備にあたった。辻には通行人の利用しあう設備も置かれた。…

※「辻行灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone