迅雷耳を掩うに暇あらず(読み)ジンライミミヲオオウニイトマアラズ

デジタル大辞泉の解説

迅雷(じんらい)耳(みみ)を掩(おお)うに暇(いとま)あらず

《「晋書」石勒載記上から。急に鳴りだすには耳をふさぐ間もないの意》事態が急に変わったので、対処する時間がないことのたとえ。疾雷(しつらい)耳を掩うに暇あらず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんらいみみをおおうにいとまあらず【迅雷耳を掩うに暇あらず】

〔「晋書石勒載記上」〕
事があまりに急で、対処する余裕がないことのたとえ。疾雷耳を掩うに及ばず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんらい【迅雷】 耳(みみ)を掩(おお)うに=暇(いとま)あらず[=及(およ)ばず]

事変があまりにも急なので、これに対処する暇がないたとえ。疾雷(しつらい)耳を掩うに暇あらず。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「突如(だしぬけ)に急立(せきた)てられて、迅雷耳を掩ふに遑あらず」 〔晉書‐石勒載記・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android