コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江雁皮紙

デジタル大辞泉プラスの解説

近江雁皮紙

滋賀県大津市で生産される和紙「江州雁皮紙」の別称

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

近江雁皮紙[紙工芸・和紙]
おうみがんぴし

近畿地方、滋賀県の地域ブランド。
大津市で製作されている。平安時代の貴族文化に彩りを添えた「薄様」の王朝染雁皮紙。江戸時代後期に越前から雁皮紙の製紙法が伝わったという。雁皮紙はジンチョウゲ科に属する灌木を材料に用いてつくられる。滑らかな紙肌で光沢があり、透明度も高い。永年保存に耐えられる丈夫な紙であるため、写経用紙によく使われてきた。滋賀県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

近江雁皮紙の関連キーワード滋賀県大津市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android