近藤 悠三(読み)コンドウ ユウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 悠三
コンドウ ユウゾウ

昭和期の陶芸家(染付) 京都市立芸術大学名誉教授。



生年
明治35(1902)年2月8日

没年
昭和60(1985)年2月25日

出生地
京都府京都市

本名
近藤 雄三(コンドウ ユウゾウ)

学歴〔年〕
京都市立陶磁器試験場附属伝習所〔大正6年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本伝統工芸展日本伝統工芸賞(第3回)〔昭和31年〕,ミラノ・トリエンナーレ展銀賞〔昭和32年〕,紫綬褒章〔昭和45年〕,勲三等瑞宝章〔昭和48年〕,紺綬褒章〔昭和55年〕,京都市名誉市民

経歴
15歳で伝修所のロクロ科を卒業後、河合寛次郎、浜田庄司、富本憲吉らに師事して陶器を研究。昭和3年の帝展で初入選し、14年の新文展では特選に入選。戦後は26年新匠美術工芸会に参加、30年日本工芸会発足と同時に参加。33年京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)教授となり、40年から6年間、学長を務めた。創作意欲は晩年になっても衰えず、赤絵金彩壷や金彩赤地皿などの連作を完成させたほか、51年には直径1.26メートルもの大皿に梅を染め付け、翌年人間国宝となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤 悠三の関連情報