コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤 悠三 コンドウ ユウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

近藤 悠三
コンドウ ユウゾウ

昭和期の陶芸家(染付) 京都市立芸術大学名誉教授。



生年
明治35(1902)年2月8日

没年
昭和60(1985)年2月25日

出生地
京都府京都市

本名
近藤 雄三(コンドウ ユウゾウ)

学歴〔年〕
京都市立陶磁器試験場附属伝習所〔大正6年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本伝統工芸展日本伝統工芸賞(第3回)〔昭和31年〕,ミラノ・トリエンナーレ展銀賞〔昭和32年〕,紫綬褒章〔昭和45年〕,勲三等瑞宝章〔昭和48年〕,紺綬褒章〔昭和55年〕,京都市名誉市民

経歴
15歳で伝修所のロクロ科を卒業後、河合寛次郎、浜田庄司、富本憲吉らに師事して陶器を研究。昭和3年の帝展で初入選し、14年の新文展では特選に入選。戦後は26年新匠美術工芸会に参加、30年日本工芸会発足と同時に参加。33年京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)教授となり、40年から6年間、学長を務めた。創作意欲は晩年になっても衰えず、赤絵金彩壷や金彩赤地皿などの連作を完成させたほか、51年には直径1.26メートルもの大皿に梅を染め付け、翌年人間国宝となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

近藤 悠三の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門近藤悠三記念館加守田章二近藤濶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤 悠三の関連情報